金融リテラシー

個人投資家の株式投資の3つのやり方、楽しみながら儲ける方法とは?

 

日本株に投資を始めて20年です。

長い間、投資・運用をしているとわかってくることがあります。

 

 

「投資スタンス」にもかかわってきますが、個人投資家の株式投資のやり方は3つかと。

①コツコツと投資(積み立てNISA等)
②回転取引(一定期間での売買繰返し)
③アクティブに取引(信用取引など)

です。どれくらいのリスクを取れるかで変わりますが、主にこの3つかと思います。

 

と、ツイートしました。

今の自分にどんな投資方法が合っているのか、投資方法の3つの具体例です。

 

個人投資家が楽しんでする投資方法は?株投資のやり方は【3つ】あり

 

3つの投資方法

①コツコツと投資(積み立てNISA等)
②回転取引(一定期間での売買繰返し)
③アクティブに取引(信用取引など)

それぞれ説明します。

 

①コツコツと投資(積み立てNISA等)

 

即効性はないが、投資の王道として確実で堅実

どこの投資サイトを見ても、まずオススメになっている投資方法です。
いわゆるドルコスト平均法。

 

長い期間をかけて、定期的に少しずつ定額投資します。
リスクが軽減され、堅実で確実

なにをするにもコツコツ努力して成果を上げるのが、最も確実で実りは大きくなりますね。

 

でも、つまらない

すぐに目に見えるような利益は現れません。
ただただ、毎月同じ金額を同じ投資先に投資する、だけです。

 

とても、つまらない(かも)です。

 

投資はリスクとリターンが表裏一体です。
即効性を求めると、それ相当のリスクがあります。

その覚悟が難しい場合はこの投資方法が確実です。

 

②回転取引(一定期間での売買繰返し)

 

買って、売って、利益が出る、と楽しい

 

・単位株の売買の繰り返し、です

 

ファンダメンタルズ、テクニカルと学べることも多く、知識が得られて楽しいです。

売買を繰り返して、楽しくそして儲ける。
これこそ、みなさんが想定する投資でしょう。

 

ですが、落とし穴もあります。

 

期待しているのは、

・買った、上がった、売った、儲けた!
・さらに、次の銘柄で、
・買った、上がった、売った、儲けた!

の繰り返し。

 

ですが、正直、夢物語です。
「儲けた」はあっても「続けて儲けた」はなかなかありません。

 

ほとんどの場合

・買った、下がった、我慢しよう。
・こっちの方が良くない。じゃあ、損きり。
・買った、下がった、我慢しよう。

・・・の繰り返し。
(損きりした株は上がります)。

そして、資金がなくなれば相場から撤退

 

潤沢な資金があれば良いですが、
株は10万~20万くらいでようやく1単位株。
一般人サラリーマンではすぐに用意できない資金です。

 

ポイントは2つ

①高配当株を売買対象にする
②自分の投資タイミングを決める

 

不思議なことにで、株は買ったら下がります。
ですので、配当金があると思えば少しの下げも気持ちも和らぎます。

投資は慌てて、売買するのは危険です。

 

次に、「底値を確認したら買う」です。
そのための「自分のルールを決めましょう」ということです。

 

自分の投資タイミングは、
例えば、

・こんなチャートの時に買う
・こんなチャートの時に売る
・今は休む時(売買しない)

などです。

 

自分なりのルール・基準を作るのも時間がかかります。

↓こちらを参考に。

 

投資を始めてすぐにはわかりません。
何年も経験を積んで、ようやくわかってきます。

私も最初の10年くらいはわからなかった・・・。

 

③アクティブに取引(信用取引など)

 

いわゆるデイトレーダー的な投資方法です。

1日のうちに売買を繰り返す

 

常に相場に張り付いて、狙った株が動意づけば売買する。

デイトレーダーとして本業であればできますが、個人投資家ではほとんど無理です。
生活がかかっている方向けでしょう。

 

本業をもつ個人投資家の方にはオススメしません

 

私も信用取引をしてましたが、今は現物取引にしています。
なぜなら・・・仕事が手につきません。

 

・今の株価はどうなっている?
・下がっているのでは?
・売り時を逃がしたのでは?

本業がおろそかになって、投資資金が稼げないのでは本末転倒です。

 

人間がITに勝てるのか

 

注文方法が複雑に指定でき「逆指値」などを使えば、デイトレードでも勝てるかもしれません。

ですが、信用取引をオススメしない理由の一つです。

 

相場を動かすのはコンピュータなのかも

今や売買はコンピュータがする時代です。
コンピュータの処理速度は人間をはるかに超えて、決まったプログラムで売買して利益を出していきます。

人間より早く動き、どんどん相場を動かしています。

 

それでもプログラミングで対抗する?

 

REST APIを使って自動売買システムを作るのもひとつです。ですが、敵は取引所内にコンピュータをおき、最速の処理速度のコンピュータで、高速に売買を繰り返します。REST APIではもう間に合わないのでは、と思います。

 

金融の知識があり、高いプログラミングの知識がある人はそうそういません。それだけのスキルがあるなら、投資より別の方法で稼げると思います。

 

信用取引のメリットは

 

売りから入れる

 

信用取引の特徴は「売り」から入れることです。
いわゆる「カラ売り」。

 

下げ相場で、買いで儲けることは難しいです。
なので、車でもバック(リバース)があるように、投資もバックする方法(下げ相場でも儲けることができる)を持つことはメリットがあります。

 

ですが、上記の通り、オススメではないです。
時間とお金があり、投資経験に自信があればチャレンジもいいかもです。

 

ちなみに

デイトレードで

・「買い」は、チャートで動意が判断できる
・「売り」は、短期での動意が判断できない

なので、「売り」のデイトレードは難しい、と思っています。

 

私は、チャートで売買の判断をしています。

・「カラ売り」は静かに売り、ゆっくり下げを待つ
・「信用買い」は狙いを決めて、動意づいたら速攻買って速攻売る

 

つまり、「カラ売り」はいきなり大きな下落はとらえにくく、徐々に柔らかく下げていくところを少しづつ売る感じかと。

ま、個人的な感覚ですが。

 

 

オススメする投資方法はこれとこれ【2つ】

①コツコツ投資と②回転売買の両軸

 

堅実に、そして楽しくが理想

①コツコツと投資(積み立てNISA等)
②回転取引(一定期間での売買繰返し)

を同時に行うことです。

 

コツコツだけではつまらないので、並行して単位株での売買する、です。
勉強にもなり、コツコツ投資する投資先の参考になります。

 

②回転取引(一定期間での売買繰返し)のやり方

 

高配当株で売買する

高配当株(配当利回りが4%~5%)の会社を選定して売買します。

 

なぜなら、
・売買益(キャピタルゲイン)での大きな利益は難しい
・配当金での利益(インカムゲイン)が重要になる

 

また、
・下がっても配当金を受けれる
・上がったタイミングで売れる
からです。

「下がっても配当金はもらえる」は、失敗したなぐさめでしかないのですが、本質は高配当株の株数を増やし、配当金で再投資することです。

 

実は、コツコツ投資と似ています

違いは、上がれば売って売買益(キャピタルゲイン)をだすことです。
下がれば長期保有して、その間は配当金をもらい再投資に充てる。

 

・高配当株から銘柄選定する
・買い時、売り時をチャートや財務状況から判断する
・利益がでない間は配当金を受け取り、再投資する

 

この繰り返しを基本にします。
日々の勉強が大事であり、知識も増えます。

 

まとめ|投資は早く始めることが勝つ秘訣

whats-wrap

 

残念ながら、投資を始めてすぐに利益はでません。
もし利益が出たとしてもそんな大きな額にはならないでしょう。

投資の利益は、10年~10数年先にでると考える

 

FIREする、サイドFIREになると目指しても、とても早くて30代。
ですが、はっきり言って30代でFIREする人はいません。
それは投資ではなく、自分で事業を始めて大成功を収めている人でしょう。

 

投資は、40代、50代で少しでもゆとりのある生活をする、ことです。
目先の利益を求めると資産を減らすだけです。

 

投資は早く始めること

 

時間をかけることが投資に勝つ方法

投資はリスクがあります。
ですが、時間がリスクを回避してくれます。

20代、30代は時間がありリスク取れるので、早く始めることです。
40代でもまだ間に合います。

 

リスクが取れる20代、30代は積極的に投資する年代

行動するかしないかで10年後、20年後には大きな差になっています。

 

50代、60代は間に合わないのか?

そうではないです。
大事なのは投資スタンス。

まずは、動くことです。

 

・選択肢は2つ

「やるか」もう一つは「今やるか」です。

 

↓証券口座開設について

 

↓口座開設前に準備すること

 

資金を溜めるには

・ムダを無くす
・収入源を増やす
・利益は再投資に

です。詳しくは以下の記事を参考に。

 

↓年代別投資スタンスはこちらを参考に

 

ABOUT ME
Kei NAGASE
大手IT企業に勤めるシステムエンジニアです。 SE歴は25年超。 副業から個人事業主として複業中。=ITコンサル、ライター、動画編集=第2版の人生(Second Edition)へと向かう人のために。 Yokohama→Tokyo
「まず、やってみる」

やってみようと思った時がスタートです

やることはたくさんあります!

 モチベーションアップ! 

あなたの年代別に合わせてモチベーションを上げよう

 ここからはじめる! 

ストレスフリーのITエンジニアに向けた手順の全体MAPです

ストレスフリーのエンジニアに向けての準備と事業主へ《全体MAP》

まずは動く~走りながら考える

running-future

まずは動いてみること
悩んでいる時間がムダ、もし違っていれば「方向修正するだけ」です。

失敗しながら進む。
これは成功への道です。

人生100年時代。
楽しくやりましょう。

 

あなたの選択肢は”2つ”です

「やるか」

もう一つは

「今やるか」

です。

「行動を起こさないことこそ、最大の失敗」

さあ、行動です。