クリエイティブスキル

ストックフォト《PIXTAの場合》即合格&即売れ!さらに拡大する

pixta-case

 

 

 

ストックフォトサイト:PhotoACに続いてPIXTAにも参入です。

・ストックフォトサイト:PIXTA NEW!
・写真/画像編集ソフトウェア :Adobe Photoshop

 

PIXTAは、

・審査のハードルが高い
・なかなか売れない

との噂もありますが、審査も一発合格し即売れました。
その内容を説明します。

 

本記事でわかること
  • PIXTAに登録した流れ
  • 審査に合格した写真
  • PhotoShopでレタッチ写真が売れやすい?

 

ストックフォト《PIXTAの場合》即合格&即売れ!さらに拡大する

即審査合格&即売れたのはビギナーズラック?

 

30枚登録、審査合格が26枚

 

最初に登録した30枚のうち28枚が審査を通過し、販売開始となりました。
(モデルリリースが必要とのことで2枚がNG)

審査合格した写真(抜粋)は以下の通り。

 

 

以下は、PhotoShopで作っている画像もあります。
トマトの写真も同じで、PhotoShopで加工済み。

 

次の「壁」の写真は、PhotoShopで合成加工。
その他の写真も同様です。

加工は明るさ、逆光、色相・彩度の調整、トーンカーブで調整するなど。

 

審査合格の2日後に1枚売れました。
売れた写真はこれ↓

 

PIXTAでよく聞く話は|審査と販売の高いハードル

 

PIXTAでよく聞くのは、

・審査合格に半年かかった
・1枚売れるのに1年かかった

売れるのは「ニーズに合った写真」と言われます。
が、素人にはわかりませんよね。

 

◆今回購入されたポイント

・野球シーズン(コロナ影響も?)
・PhotoShopでの色彩レタッチ

と考えます。
まずは、ブログで活用したい写真をイメージしてみます。

 

Google画像検索して使われ方を調べるのもひとつ

◆画像の検索方法
・携帯では長押しから「Googleで画像検索」
・パソコンは右クリックから「Googleで画像検索」
画像そのものをGoogleの検索窓にドラッグでも検索できます。

 

ですが、写真の基本構図は確認した上で投稿することも重要です。

 

よいと感じた写真をアップし、加工したり、バリエーションを増やしたりと。
徐々に審査や売れ筋がわかってきます。

ここでも「継続は力なり」です。
続けましょう。

 

PIXTAのメリット

 

・報酬単価が高い
・「クリエイターランク」により報酬が上がる

 

PhotoACは1枚3円からですが、PIXTAはそれ以上。
PIXTAは報酬が高い分、効果があると言えます。

 

デメリットは、1か月に1回の投稿、審査が2週間ほどかかること。
ですが、継続が基本なので気長に待ちましょう。

 

写真投稿は最初のステップに過ぎない

 

何度も言いますが、
・ストックフォト投稿はステップワン

・ステップツーは、写真編集と合成スキルを磨くこと。

・「目指すはステップスリー」

写真編集・合成スキルを使って、
YouTubeのサムネイル作成などの副業の範囲を広げること

 

PhotoShopのスキルを活用してさらなる副業へと目指します。

 

まとめ|もっと先を見据えて

まとめ

写真投稿は、時間はかかりますが長く続ければ収益は出ます。

まずは「続ける」こと。

 

やる前からセンスがないから・・なんて言ってるとなにもできません。
センスなんて磨けば光るものです。

1年後、2年後はどうなっているか?
今のままなのか、それとも何かを始めて稼いでいるのか、です。

 

チャンスは突然やってくる

 

チャンスは突然に

続けていればチャンスに巡り合います。
「成果がでるか出ないかは、続けるか続けないか」です。

 

ストックフォトの本当の目的は?

 

◆本当の目的

・外に出る、旅行するのが楽しくなる
・写真を撮るのが楽しくなる
・運動になる、健康になる

 

そして、おこづかいを貯めて、家族みんなでご飯も食べに行ける!

 

・・・ということだと思います。

 

・結果が実益になる

考えるよりもまずは始めてみること、
誰でも最初は初心者です。

年という単位で成長を見込んで、行動した者が目的に近づきます。
コツコツと楽しんでやりましょう!

 

選択肢は2つ、やるか、今やるか

ストックフォトってどうなの?

 

最初は全く売れませんでした

審査も落ちまくりです。
落ち込んだ回数は数知れず。

 

そのたびに、いろんな対策をしました

その対策の詳細は一番下に「まとめMAP」リンクを残しておきます。
そちらからたどってください。

 

ここから始める(ストックフォトサイト、フォトショップ)

 

◆写真投稿サイト

»PhotoAC
»PIXTA
»ShutterStock
»Adobe Stock

・PhotoShop(月額980円)

まとめMAP|全体はこちらから

 

 

写真ACのプロフィールページ
Written by Mat-Photo子(@MatPhoto4

ABOUT ME
Kei NAGASE
大手IT企業に勤めるシステムエンジニアです。 SE歴は25年超。 副業から個人事業主として複業中。=ITコンサル、ライター、動画編集=第2版の人生(Second Edition)へと向かう人のために。 Yokohama→Tokyo
「ストックフォトを始めるには」

やってみようと思った時から始まっています。

やることはたくさんあります!
少しずつコツコツと

まとめMAP|全体はこちらから

 

 

写真ACのプロフィールページ
Written by Mat-Photo子(@MatPhoto4

まずは動く~走りながら考える

running-future

まずは動いてみること
悩んでいる時間がムダ、もし違っていれば「方向修正するだけ」です。

失敗しながら進む。
これは成功への道です。

人生100年時代。
楽しくやりましょう。

 

あなたの選択肢は”2つ”です

「やるか」

もう一つは

「今やるか」

です。

「行動を起こさないことこそ、最大の失敗」

さあ、行動です。