クリエイティブスキル

PhotoACの著作権で知っておくこと【複数サイトで投稿可能か】

my-photo-copyright

 

 

 

写真投稿で、ちょっと気になる”著作権”

複数サイトに売れる写真を投稿した方が、収益も期待できますよね。
ですが、”PhotoAC”では著作権が企業側に移ってしまったり。

疑問は、

・同じ写真の複数サイト投稿は”著作権上問題ない”のか

です。

著作権に関しては利用規約に書かれてますが、細かい字・難解・理解困難で面倒です。
トラブルが発生したら損害金とか、気になります。
検索して調べても、中途半端、意味不明、OKもあれば、NGもあり・・。

 

結局どうなの?・・・ということで、
著作権が企業側に移る”PhotoAC”に、直接聞いてみました。

 

この記事では、

  • 写真投稿はしたが、権利はどうなるの?
  • 同じ写真を複数サイトに投稿していい?
  • 同じ写真を投稿してよいサイトはどこ?

について、解説していきます。

 

PhotoACの著作権で知っておくこと【複数サイトで投稿可能か】

 

結論などは次の通り

・結論:同じ写真を複数のサイトでも売れます
・条件:各サイトでOKか調べる
・注意:フォトコンテストに応募した写真は投稿できない

※複数投稿できるサイトを、一番下に書いていますので、参考にしてください。

 

①PhotoACに問い合わせた結果
②著作権に関するブログの情報
③利用規約に書かれた該当部分

の順で説明します。

 

①PhotoACに問い合わせた結果

contact-you

PhotoACに問い合わせた結果

【PhotoACの回答の要約】
・他社で併売することを禁止していない
・他社では禁止している場合があるので他社の利用規約の確認を

 

【PhotoACからのお願い】
・先に他社で公開した作品を投稿する場合は、著作者確認欄に該当作品のURLを記入

 

とのことでした。
以下、全文です。読み飛ばしてもらってOKです。

 

[問い合わせ内容]

お世話になります。
著作権について質問です。

写真ACにて、アップした写真は他の写真販売サイト(たとえば、shutterstockなど)で同じ写真を販売することは可能でしょうか?

利用規約を見ると「写真の一切の著作権(著作権法27条及び28条の権利を含む)を弊社に譲渡」と書いています。

また、他の写真販売サイトは譲渡規約はありません。

その場合、他の写真販売サイトに登録後、御社のサイトに登録した場合は、最初に登録したサイトから削除しなければいけませんか?

 

[回答内容]

この度はお問い合わせ頂き、誠に有難うございます。

お問い合わせの件でございますが、
他社ストックフォトサイト様が、ご投稿作品の著作権を投稿者へ帰属している場合であれば、既に他社サイト様で公開中の素材を写真ACへご投稿いただいて問題ございません。

また、写真ACにご投稿いただいた作品を、他社ストックフォトサイト様で併売することを禁止しておりません。

しかしながら、該当の他社ストックフォトサイト様側で、他社への投稿を禁止している場合がございますので、恐れ入りますが該当サイト様の利用規約をご確認のうえご投稿いただきますようお願い致します。

先に他社サイト様で公開された作品を弊社にご投稿いただく場合は、恐れ入りますが著作者確認欄に該当作品を確認するためのURLをご記入いただいてご投稿くださいませ。

弊社に先にご投稿いただいて、他社サイト様で後から公開されたい場合は、
マイページの投稿写真一覧より上記と同じくURLを追記いただけましたら幸いです。

著作者確認欄にURLの記載が無い場合、他社サイト様で公開されている同作品が
ご本人のご投稿のものであるかの確認ができませんため、審査で落とされる可能性がございます。

お手数おかけいたしますが、ユーザー様が安心してご利用いただけるよう、ご協力いただけますと幸いでございます。

その他、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
今後ともFreebie ACをどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

②著作権に関するブログの情報

 

著作権について書いている記事です。
参考にしました。

 

(参考1)

このサイトでは、
・PhotoACにアップした写真を他のサイトのフォトコンテストに応募することはできません。
と書いてます。

 

(参考2)

 

このサイトでは、
・PhotoACでアップした写真は、他のサイトに投稿できない
と書いてますね。

 

③利用規約に書かれた該当部分

 

「PhotoACでは、著作権が譲渡されます」
ということを書いています。
読み飛ばしてOKです。

 

PhotoACの利用規約

・「写真のアップロード」の項目

第4項:写真をアップロードしたことにより、会員は、写真の一切の著作権(著作権法27条及び28条の権利を含む)を弊社に譲渡し、以後、写真に関する著作権は弊社に帰属します。

 

第11項
弊社は写真をアップロードした会員がアップロードした写真を、他の素材ダウンロードサイトにアップロードすることを許可します。但し、アップロードした素材ダウンロードサイトが、写真の著作権をダウンロードサイト運営者あるいはユーザーに移転させ、あるいは放棄させる内容のものである場合は、この限りではありません。 また、弊社は、写真をアップロードした会員がその写真を他の素材ダウンロードサイトにアップロードすることが許可される場合に、その写真が、そのサイトのユーザーにより適法にダウンロードされたときは、弊社はそのユーザーに対して著作権を主張しません。

 

 

まとめ|調べるスキルもつけよう

search-for-bymyself

PhotoACの結論は、

・PhotoACは著作権が譲渡されるが、他社への投稿は禁止していない
・なので、複数投稿が可能
・PhotoACがOKであっても他社がOKでないか確かめる必要あり

また、「フォトコンテストに応募する写真は投稿できない」とのことです。

 

個人ブログの解釈もそれぞれ

 

個人で説明しているサイト(ブログ)があります

 

ですが、ブログ自体はその個人の見解であり、保障もしてくれません。
書いていることを鵜呑みにして、問題が起こっても文句は言えませんね。

なので、以下も入れておきます。

※この記事は個人で確認した内容です。利用規約を含め全内容を保証するものではありません。

 

自分で調べるのは基本スキル

 

自分で調べ、自分で考え、自分なりの見解をもって、正しいところに聞く

調べること、いわゆる”ググレカス”ですね。
それもスキルなので、しっかり身につけましょう。

 

確かめた投稿サイト(2020.9現在)

»PhotoAC(著作権譲渡、他社併売は禁止せず)
»PIXTA(撮影者に帰属)
»ShutterStock(撮影者に帰属)
»Adobe Stock(撮影者に帰属)

 

チャンスは突然やってくる

 

チャンスは突然に

続けていればチャンスに巡り合います。
「成果がでるか出ないかは、続けるか続けないか」です。

 

ストックフォトの本当の目的は?

 

◆本当の目的

・外に出る、旅行するのが楽しくなる
・写真を撮るのが楽しくなる
・運動になる、健康になる

 

そして、おこづかいを貯めて、家族みんなでご飯も食べに行ける!

 

・・・ということだと思います。

 

・結果が実益になる

考えるよりもまずは始めてみること、
誰でも最初は初心者です。

年という単位で成長を見込んで、行動した者が目的に近づきます。
コツコツと楽しんでやりましょう!

 

選択肢は2つ、やるか、今やるか

ストックフォトってどうなの?

 

最初は全く売れませんでした

審査も落ちまくりです。
落ち込んだ回数は数知れず。

 

そのたびに、いろんな対策をしました

その対策の詳細は一番下に「まとめMAP」リンクを残しておきます。
そちらからたどってください。

 

ここから始める(ストックフォトサイト、フォトショップ)

 

◆写真投稿サイト

»PhotoAC
»PIXTA
»ShutterStock
»Adobe Stock

・PhotoShop(月額980円)

まとめMAP|全体はこちらから

 

 

写真ACのプロフィールページ
Written by Mat-Photo子(@MatPhoto4

ABOUT ME
Kei NAGASE
大手IT企業に勤めるシステムエンジニアです。 SE歴は25年超。 副業から個人事業主として複業中。=ITコンサル、ライター、動画編集=第2版の人生(Second Edition)へと向かう人のために。 Yokohama→Tokyo
「ストックフォトを始めるには」

やってみようと思った時から始まっています。

やることはたくさんあります!
少しずつコツコツと

まとめMAP|全体はこちらから

 

 

写真ACのプロフィールページ
Written by Mat-Photo子(@MatPhoto4

まずは動く~走りながら考える

running-future

まずは動いてみること
悩んでいる時間がムダ、もし違っていれば「方向修正するだけ」です。

失敗しながら進む。
これは成功への道です。

人生100年時代。
楽しくやりましょう。

 

あなたの選択肢は”2つ”です

「やるか」

もう一つは

「今やるか」

です。

「行動を起こさないことこそ、最大の失敗」

さあ、行動です。