金融リテラシー

投資スタンスを具体化する【長期投資で利益計算と資金調達を考える】

invest-styles-2021

 

資産形成として、
株式投資やインデックス投資を考える人が多くなってきました。

しかし、

・投資は難しいのでは
・資産が目減りする
・投資するお金がない

と、もう一歩踏み出せない方が多いです。

そこで、

自分の投資の考え方=投資スタンス

を持つことで

・不安を払拭し
・投資への断固たる決意
・着実な資産形成

ができると思います。

不況に陥った時(株価が下がった時)でも指針となります。

具体的な「投資スタンス」を、説明します。

 

◆ネタバレ

  • 利益計算(配当収入)
  • 生活へのプラス還元
  • 投資資金の調達方法

 

投資スタンスを具体化する【長期投資で利益計算と資金調達を考える】

5%で運用すると

 

◆銀行金利(1年もの金利、元本100万円)

・普通預金:0.001%
→100万円の投資で、年10円
・定期預金:0.2%
→100万円の投資で、年2000円

※最新金利ははググれば出てきます。

 

◆株式投資

・年利5%(配当利回り)で考えた場合

→100万円の投資で、年5万円
→1000万円の投資で、年50万円
→2000万円の投資で、年100万円
→3000万円の投資で、年150万円

 

貯金と投資、明白です。
次に、年150万円はどの程度、家計にプラスになるか、です。

 

どれくらい家計にプラスになるか

 

◆株式配当(年利5%)

・150万円/年
→12.5万円/月、です。

例えば、家賃の補填に。
これだけでも相当助かります。

月々の給与+12.5万円は余裕のある生活となり、
保有資産3000万円の安心感もあります。

 

二人のサラリーマンがいます

①配当収入(12.5万円/月)、年収600万円
②配当収入ゼロ、年収1000万円

②の年収1000万円を稼ぐには、ハードでストレスの溜まることが多いでしょう。

①で、年収600万円でもストレスなく、自分の時間を確保できる生活は精神面・体力面で楽であり、満足な人生を送れると思います
副業も可能になるでしょう。

そもそも年収1000万円はハードルが高いですね。

 

投資資金の調達方法

 

2つです。

①投資資金を増やすためにすること
②配当金を再投資する

 

①投資資金を増やすためにすること

 

◆資金調達(例)
・月3万円
・×12か月=36万円
・×10年間=360万円

これでは、あまり期待ができないように思えます。

ですが、

・普段の生活を見直す
・無駄な浪費を無くす
・昇給しても普段の生活を変えない

毎年、投資資金を上乗せすることです。
もし投資増額が難しければ、副業や転職も考えるべきでしょう。

 

断固たる決意をもって資金を投資にまわすことです。

 

資産形成の始め方|断固たる決意

 

副業の進め方はこちら

 

②配当金を再投資する

 

配当金は、自分へのご褒美として使いたくなります。

しかし、複利計算の絶大な効果を考えれば再投資です。

 

複利計算についてもしっかりと勉強しましょう。
理解すると「再投資」が辞めれなくなります。

 

注力すべきは「株数を増やす」こと

 

配当金は株数に対して算出されます。

なので、注力するのは株数を増やすことです。

 

同じ投資金額でも、株価が安い時は株数を多く買えます。
3万円で100株買える時もあれば、10株の時もある。

ドルコスト平均法です。

 

不況の時(株価が安い時)でも「断固たる決意」をもって投資できる人が、
最終的に多くの利益を享受することができます。

 

「断固たる決意」は、

「投資スタンス」で確立します

 

 

まとめ

whats-wrap

人生の目標の一つは、
20年後(40代~50代で)にセミリタイヤ(FIRE)に近づくこと、です。

 

それには、投資は欠かせないです。

 

20年後にFIREを目指す上で、
現在どのように行動するかが「投資スタンス」です。

人間は不安があると決めたことから方向性がブレてしまい、
それで失敗することが多いのです。

 

重要なのはブレないこと。
そのために「投資スタンス」を確立することです。

 

・銘柄の選び方
・良い企業の情報収集
など、まだまだ勉強することはあります。

このあたりはまた記事にします。
まずは、ググって「配当利回りランキング」などから勉強しましょう。

 

50代からの投資スタンスは

 

50代以降に株、FX、仮想通貨はリスクがあります。
収入も激減し年金生活に入ろうとする中でのリスクは禁物。

50代以降は、
「いかにして保有資金、資産を取り崩すのか」を考えることです。

 

・投資を考えるより、
→貯めたお金を将来に向けて「計画的に取り崩す」ことを考える。
・運用して増やすよりも、
→現在稼いでいるお金をどれだけ「計画的に貯蓄できる」か

です。

 

50代の方の今の自分は、
20代で将来のことをどれだけ考えたかが、現れています。
もう取り返すことはできないので「目の前のこと」を考えることでしょう。

 

投資スタンスや投資についての参考
ABOUT ME
Kei NAGASE
大手IT企業に勤めるシステムエンジニアです。 SE歴は25年超。 副業から個人事業主として複業中。=ITコンサル、ライター、動画編集=第2版の人生(Second Edition)へと向かう人のために。 Yokohama
「まず、やってみる」

やってみようと思った時がスタートです

やることはたくさんあります!

 モチベーションアップ! 

あなたの年代別に合わせてモチベーションを上げよう

 ここからはじめる! 

ストレスフリーのITエンジニアに向けた手順の全体MAPです

ストレスフリーのエンジニアに向けての準備と事業主へ《全体MAP》

まずは動く~走りながら考える

running-future

まずは動いてみること
悩んでいる時間がムダ、もし違っていれば「方向修正するだけ」です。

失敗しながら進む。
これは成功への道です。

人生100年時代。
本業も副業も楽しくやりましょう。

 

あなたの選択肢は”2つ”です

「やるか」

もう一つは

「今やるか」

です。

「行動を起こさないことこそ、最大の失敗」

さあ、行動です。