必須ITスキル

仕事をやめたい時に読む、エンジニア向けひねくれビジネス本【2選】

business-books

ビジネスマンには、読書は必須です。

 

business-books-icon

 

 

 

読書は心を豊かにし、足りないスキルを補うのに最も大事なことです。

しかし、ITエンジニアは多忙で本を読む時間はありません。
本を読む時間も選んでいる時間ももったいない。

 

時間をかけて選定したがとてもつまらなかった。
後悔と怒りしかないですね。

なので、
ビジネス書を選定する方法と
これは読んでおいても損なしという本を紹介します。

 

また、ITエンジニアはストレスが溜まります。
その日頃のストレスを解消できるような本も紹介です。

 

この記事は、

  • ビジネス書の選び方
  • ビジネス書の読み方
  • ITエンジニアの「オススメひねくれ本(2選)」

を説明します。

仕事をやめたい時に読む、エンジニア向けひねくれビジネス本【2選】

ビジネス書は偏った自叙伝・自慢のかたまり?

 

ビジネス書は自慢のオンパレード

  • 「俺は成功者だ。お前も同じことをしろ!」
  • 「俺のようにして起業家になれ!」

 

しかし、倒産し今度は「俺のようになるな」という本を出します。

「だめでした。それでも本は買ってね」
・・・は騙され感がありますよね。

 

自分に合った本とは

 

簡単に言うと

「師匠と思える著者を見つける」こと

 

例えば、

大学教授、スポーツ選手、歴史上の人物。
自分が共感できる著者を探します。
共感できる人の言葉は素直に吸収され、自分なりの解釈のもと新たな知恵になります。

 

戦国武将が好きな人は、自分が問題に直面したとき「あの武将はどんな行動をするだろう」と考えたり。
自分なりの考えもミックスして、独創的な答えが見つかります。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

 

経営者が歴史上の人物を好むのもうなずけます。

 

ビジネス書の正しい読み方

すべて読まない

too-busy

書いてることすべて読む必要なし

全部読むと情報過多で溺れます

 

読む順序|目次をしっかり

 

目次をじっくり見て、

・気になるところ、有益と思ったところ
・自分が探している疑問
・答えが欲しいところ

だけを読みます。

 

全部読まないとお金がもったいない?

読む時間をムダにするよりも良いです。

 

タイトルでだまされない

 

敵は、キャッチーなタイトルで手に取るように仕向けてきます。

目次を開いて、
中身を斜め読みし、自慢・偏見でなく、興味を引く本を選びます。

嫌味な本だと思った時はすぐさまやめましょう。

 

Kei
Kei
故野村克也さんが師匠。苦しんだ中で考えに考えたことばの一つ一つが重い。野球を通して人間形成をしていく、そのためにどのように考えたか。
一言一言が響きます。

 

ストレスの溜まったSEにオススメ本(2選)

 

オススメです。



「人生は大いなる暇つぶしだ!」

私はこれに共感し、今日も仕事にいけました。

 

そして、


納得しながら読めます。

少し古いので、お安く買えます。

 

 

↓マンガでおすすめはこちら
↓昔の情熱を呼び起こしましょう

 

 

ABOUT ME
Kei NAGASE
大手IT企業に勤めるシステムエンジニアです。 SE歴は25年超。 副業から個人事業主として複業中。=ITコンサル、ライター、動画編集=第2版の人生(Second Edition)へと向かう人のために。 Yokohama
「まず、やってみる」

やってみようと思った時がスタートです

やることはたくさんあります!

 モチベーションアップ! 

あなたの年代別に合わせてモチベーションを上げよう

 ここからはじめる! 

ストレスフリーのITエンジニアに向けた手順の全体MAPです

ストレスフリーのエンジニアに向けての準備と事業主へ《全体MAP》

まずは動く~走りながら考える

running-future

まずは動いてみること
悩んでいる時間がムダ、もし違っていれば「方向修正するだけ」です。

失敗しながら進む。
これは成功への道です。

人生100年時代。
本業も副業も楽しくやりましょう。

 

あなたの選択肢は”2つ”です

「やるか」

もう一つは

「今やるか」

です。

「行動を起こさないことこそ、最大の失敗」

さあ、行動です。