必須ITスキル

辞めたいメンバーのモチベーションを維持する【失敗しないプロマネ】

not-fail-project-management

 

システム開発プロジェクトでは、突然辞めるメンバーは必ずいます。

また、

・突然、来なくなる
・勤怠が悪い(遅刻が多い)
・仕事の不満ばかり言う

などなど、
プロジェクトを管理するプロジェクトマネージャはとても悩ましい問題です。

 

プロジェクトメンバーに対しては、

・モチベーション
・体調管理

を維持するマネージメントが必要です。

 

今回は、
「メンバーがやる気を失わず、高いモチベーションを持続し仕事する」ための
要員管理手法のひとつを説明します。

 

◆今回のネタバレ

①承認欲求を満たしてあげる
②役割を明確にしてあげる
③自分の存在をみんなに知らせてあげる

です。

 

システム開発関係のプロジェクトでの答えは
「プロジェクト体制図を作ろう」です。

 

◆音声配信~stand.fm~音声で聴きたいかたはこちら

 

辞めたいメンバーのモチベーションを維持する【失敗しないプロマネ】

 

人間の欲求や存在意義から考えます。

①承認欲求を満たしてあげる
②役割を明確にしてあげる
③存在をみんなに知らせてあげる

 

①承認欲求を満たしてあげる

 

「他者から認められたい」という欲求

 

大きく2つの基準で自分自身を判断します。

・他人から認められたい欲求
・理想の自己像と重なるか、今の自分に満足か

 

人間の基本的な欲求を満たしてあげることです

 

②役割を明確にしてあげる

 

自分の役割・責務は何かを把握させる

 

ダメポイントは2つ

・事前に合意していないとダメ
・本人が考える「自分のスキル」以下の役割だと、逆に「認めてられていない」と思ってしまってダメ

マネージャーはメンバーのスキルを見極め、
そして、次に目指す少し上のスキルを考えつつ役割・責務を与え、合意します。

 

③存在をみんなに知らせてあげる

 

「私はここにいる」を知らしめる

 

プロジェクトメンバー全員に認識され、
「あの人はあの仕事をするんだ。じゃあ、これを頼もう」と、他人から期待され、頼られることがモチベーションを高めます。

他人に頼られることがモチベーションを高めることになります

 

「プロジェクト体制図を作ろう」

 

そして、
やることは「プロジェクト体制図を作ろう」です。

 

なぜ「プロジェクト体制図」か

 

見えるようにすること(可視化)が重要

 

ドキュメント化し可視化することで、

・自分の存在
・自分がやること
・エスカレーション(相談先)

が具体的に見えるようになります。

 

そして、自分の中で、

・プロジェクト一員として認識されている
・合意した役割が具体的に与えられている
・次に目指すべきポジションが明確になる

 

これらのことが「モチベーション」になるのです

 

プロジェクト体制図を書く際の注意点

 

・全員の名前を漏れなく書く
・役割を具体的に書く
・エスカレーション先(自分の管理者)がわかる
・変更があればすぐ修正する(短期間でも)
・随時公開する(広報する)
・プロジェクトルームの目立つところに張り出しておく
・きれいに作る
・(実は)EXCELで作るのが良い

です。
これは、プロジェクトマネージャーがPMO(プロジェクトマネージメントオフィス)に指示し、作らせます。

◆参考に
EXCELでおもしろい組織図の作り方動画があったので紹介

この方法では、
・次の人に引き継ぐときに”作り方”も引継ぎ
・EXCELの仕様が変わった場合の変更対応
なども必要です。
EXCELの便利な機能を使うのもよいですが、良し悪しです。
基本はシンプルisベスト。
「自分が一番使いやすい」と思ったやり方で作ることです。

・この作りは、見栄えが良く提案書で一度だけのときに使う感じですね。
・常時変更がある場合や長く継続する場合には向いてないかも。

※プロマネのスキルとして、引継ぎをどうコントロールするかもあります。
※これはまた別記事で!

 

まとめ|マネージャーは大変

whats-wrap

 

マネージャは、問題なくプロジェクトを遂行し利益を出すこと。
これはもう「会社を背負って立つ役割」です。

 

責任も重くなり、収入も上がります。
責任感も強くなり、モチベーションも上がるでしょう。

 

ですが、マネージャーはこれまで以上にメンタルにきます。

 

メンバーのモチベーションに気を使うことも大事ですが、
自分自身のメンタルにも注意しないといけません。

 

プロジェクトマネージャーは、
技術力に加え、管理手法(マネージメント)のスキルが必要です。

 

・マネージャーとして大事なことは、

①マネージメントを理解する
②管理手法を理解する
③最も必要なのはコミュニケーションスキル

です。しっかり学習、実践してスキルアップしましょう。

 

マネージメントは重要なITスキル

essential-it-skills1

後進はすぐ後ろに迫っています。
追い抜かれないように、自己学習し、生の現場を体験してさならる先を目指しましょう!

 

whats-next-program
最初の勉強はプログラミング、その先に目指すもの【未経験参入向け】ITエンジニアはなりたい職業の上位で、就職や転職する際に必ず考える職業です。未経験者がITエンジニアになりたいとき「プログラミングの学習」からは間違いないです。しかし、その次はなんでしょうか?プログラミングの次に目指すものを考えます。...

 

ABOUT ME
Kei NAGASE
大手IT企業に勤めるシステムエンジニアです。 SE歴は25年超。 副業から個人事業主として複業中。=ITコンサル、ライター、動画編集=第2版の人生(Second Edition)へと向かう人のために。 Yokohama
「まず、やってみる」

やってみようと思った時がスタートです

やることはたくさんあります!

 モチベーションアップ! 

あなたの年代別に合わせてモチベーションを上げよう

 ここからはじめる! 

ストレスフリーのITエンジニアに向けた手順の全体MAPです

ストレスフリーのエンジニアに向けての準備と事業主へ《全体MAP》

まずは動く~走りながら考える

running-future

まずは動いてみること
悩んでいる時間がムダ、もし違っていれば「方向修正するだけ」です。

失敗しながら進む。
これは成功への道です。

人生100年時代。
本業も副業も楽しくやりましょう。

 

あなたの選択肢は”2つ”です

「やるか」

もう一つは

「今やるか」

です。

「行動を起こさないことこそ、最大の失敗」

さあ、行動です。