必須ITスキル

ITのとっかかりはプログラミングから。さらにその先に目指すところ

whats-next-program

 

中高生の間では、
「ITエンジニア」はなりたい職業の上位です。

就職や転職する際、
IT業界を考える方は多いでしょう。

 

では、

初心者や、未経験者が

・IT業界で仕事したい
・ITエンジニアになりたい

と思ったときに、最初にすることは・・・

 

プログラミングの学習

これは正しいでしょう。

 

ですが、

いつまでもプログラミングは、「ダメ」です。

 

IT業界で10年、20年とやっていくために、

「どのようなキャリアを歩むべきか」
「そのためには、何をするべきか」

を説明します。

 

◆今回のネタバレ

・まずは基本、プログラミングの習得から
・開発プロジェクト理解、業種スキルの習得
・プロジェクトリーダ、マネージャへの道へ

です。

 

◆音声配信~stand.fm~

 

ITのとっかかりはプログラミングから。さらにその先に目指すところ

 

次の順で説明します。

①プログラミングスキルはITの基本
②開発プロジェクト理解、業種スキル習得
③プロジェクトリーダ、マネージャへ

 

①プログラミングスキルはITの基本

 

IT業界を目指す人、誰しもまず考えます。
正しいです。

 

どんなプログラミング学習するか

まだIT業界に入ってない方は、
準備段階としてスクールなどで勉強です。

例えば、
WEB系の仕事につきたいなら、
HTML、JavaScript、CSS、PHP、Java、Python、Ruby・・・
などの言語を勉強から開始ですね。

 

配属先で開発言語が決まっている場合

自分がしたくないことも、
今は一生懸命に目の前の「仕事」をこなすことです。

 

ですが、日々のスキルアップを忘れてはダメです。

もちろん、自己学習です。
優秀な人材と判断されれば、ほっておく人はいないでしょう。

 

自分のことですが、

・新人の頃、開発言語がCOBOLのプロジェクトに配属。
・インターネットに関する開発がしたい時期がありました。

家に帰ってHTMLから勉強をしました。

ある時、インターネット開発商談がありインターネットの知識の薄い先輩を押しのけて、提案・受注・稼働までしました。

その後は、実績が認められて異動し、望んでいた仕事に就いたことがあります。

 

いつチャンスがあるかわからない。
その時のためにパワー(スキル)をためておく(勉強する)、
チャンスを逃がさないことが大事ですね。

 

でも、でも、

「誰も頑張ってる自分を見てくれない」「我慢の限界」。
そう思う方は、躊躇せず「転職」でしょう。
「我慢が美徳」の時代は終わりました。

 

↓すでに配属ガチャで失敗した方へ

 

↓逃げたければOKです。

 

↓こんな理由ならやめてOK

 

(参考)プログラミングスクールってどうなの?

 

ホリエモンが、
「今ならプログラミングの勉強をする」と。

 

この発言は、

プログラミングが重要というよりも、環境がとても充実している

だと思います。

 

以前は、

・高価なパソコンを買って、
・プログラミング環境をセットアップし、
・難解な本を読み解く必要がありました。

→準備するだけで時間がかかりました。

 

スクールも選択できる、使わないでどうするの?

と言いたいわけです。

 

※一番下に、スクール、オンラインスクールのリンクがあるので参考に。

 

②開発プロジェクト理解、業種スキルの習得

 

日本では、

プログラミングは何10年間もやるものでは、ないです

なぜか、

・体力、収入、技術

の3つです。

 

「体力」:
人間は衰えます。
プログラミング作業はとても疲れます。
おじさんには厳しい仕事になるでしょう。

「収入」:
プログラミングが好きなら良いですが、
望むような収入にはならないでしょう(注:日本では)。

「技術」:
新しい言語が開発されます。
その技術の進歩についていけない時がきます。

 

キャリアアップのためにしておくべき2つ

 

開発プロジェクトを理解する

プログラミングは、システムが稼働するまでの工程の一部。
システム稼働までの工程に視野を広げることが、次のステップです。

 

①どんな人が、どこで、どんな役割をする、を理解する

プロジェクトには、すべての人に役割があります。
その観点で意識することで、
次に自分が目指す役割(ポジション)を探します。

 

②「開発プロジェクト開始から稼働まで」、を理解する

要件定義工程から設計工程、
プログラミング、テスト、移行、稼働、運用。
(※詳しくはググってください)

それらの工程で開発プロジェクトが進んでいくことを理解する。
システムが出来上がるまでの流れを理解することです。

 

業務スキルを習得する

「あなたの強みって何ですか?」

良く聞かれます。
でも、答えられない。

 

ITにおける「答え」を書いておきます。

 

(答え)
「顧客よりも顧客の業務を知っている。さらに、プログラミングスキルがある」ことです。

・「できることの掛け算」です。

とても「強み」になります。
年収1000万円のフリーランスも可能です。

 

今、従事している「業務」をしっかり覚えましょう。
ニッチな業務なら、なおさらですよ。

 

「プログラミングがしたくてIT業界に入った」・・・

なんて言っては、自分の可能性を狭めるだけです。
いつまでもプログラミングにこだわってはいけません。

 

③プロジェクトリーダ、マネージャへの道へ

 

目指すは、

マネージメントする立場

です。

マネージメントは、プロジェクトを遂行すること、利益を出すこと。
これはもう会社を背負って立つ、そんな役割です。

 

ここで、これまでの

・プログラミング技術、
・開発プロジェクト理解、
・業種スキルの習得

が活用できるのです。

 

技術で生きていく?・・・それもいいでしょう。

ですが、

複数の人間を管理する立場でなければ、
ただのプログラマ(ずっと現状維持)です(日本では)。

 

現状維持は後退です。
次を見据えて今の行動を考えましょう。

 

①マネージメントを理解する
②管理手法を理解する
③コミュニケーションスキル

 

もちろん、年収も上がりますよ。

 

↓給料の高いプロジェクトマネージャーとはどんな人か?

 

まとめ|今やらないと小学生に負けてしまう

whats-wrap

 

・小学校でプログラミングが必修授業
・政府がITを強化する時代

です。

今の小学生はあなたの部下になります。

 

プログラミングを知らないわけにはいかないし、
それ以上に「プロジェクト」を知る必要があります。

 

目指すキャリアは”マネージャ”です。
先を目指して、まずは第一歩の”プログラミング”からです。

 

 

マネージメントは重要なITスキル

essential-it-skills1

後進はすぐ後ろに迫っています。
追い抜かれないように、自己学習し、生の現場を体験してさならる先を目指しましょう!

 

※オンラインスクール、プログラミングスクール
この辺りで十分です。
お金がかかるので、まずはUdemyからで、スクールはWEBから無料相談レベルから始めるのが良いと思います。

 

・オンラインスクール
Udemy
Internet Academy
Tech Academy
・プログラミングスクール
テックキャンプ
ビズデジ
Samurai

 

 

ABOUT ME
Kei NAGASE
大手IT企業に勤めるシステムエンジニアです。 SE歴は25年超。 副業から個人事業主として複業中。=ITコンサル、ライター、動画編集=第2版の人生(Second Edition)へと向かう人のために。 Yokohama→Tokyo
「まず、やってみる」

やってみようと思った時がスタートです

やることはたくさんあります!

 モチベーションアップ! 

あなたの年代別に合わせてモチベーションを上げよう

 ここからはじめる! 

ストレスフリーのITエンジニアに向けた手順の全体MAPです

ストレスフリーのエンジニアに向けての準備と事業主へ《全体MAP》

まずは動く~走りながら考える

running-future

まずは動いてみること
悩んでいる時間がムダ、もし違っていれば「方向修正するだけ」です。

失敗しながら進む。
これは成功への道です。

人生100年時代。
楽しくやりましょう。

 

あなたの選択肢は”2つ”です

「やるか」

もう一つは

「今やるか」

です。

「行動を起こさないことこそ、最大の失敗」

さあ、行動です。