必須ITスキル

最初の勉強はプログラミング、その先に目指すもの【未経験参入向け】

whats-next-program

 

中高生の間では、
”ITエンジニア”はなりたい職業の上位です。
就職や転職する際に必ず考える職業であると言えます。

では、

初心者や未経験者が
・IT業界に入りたい
・ITエンジニアになりたい
と思ったときに、最初に勉強することはなにか?

 

「プログラミングの学習」、これは間違いないでしょう

 

ですが、
いつまでもプログラミングをするわけではなく、

・これからも新規参入者がたくさん
・ITとてプログラミングだけは限界
・次を考えなければ即退場

となるでしょう。

IT業界で10年、20年とやっていくためには、
「どのようなキャリアを歩んでいくか」をしっかり認識することが重要です。

IT業界で長く生きていくには、何を見据えていけばいいでしょうか。

 

◆今回のネタバレ

・まずはプログラミングスキルの習得から
・プロジェクト全体理解、業種スキル習得
・リーダ、マネージャやデザイナー、ディレクターへ

です。
 
◆音声配信~stand.fm~

 

最初の勉強はプログラミング、その先に目指すもの【未経験参入向け】

次の順で説明します。

①プログラミングはITの基本
②挫折するならITエンジニアは無理
③近年、プログラミングスクールが充実

 

①プログラミングはITの基本

 

2つあると思います。

1つは、
未経験者にとっては比較的容易に習得できるスキルであること。

もう1つは、
前工程の要件定義と後工程のテストとの間で、プロジェクト全体のド真ん中の工程です。

プログラミングをしながら前後工程の理解を広げ、「システム全体がどう作られていくか」を体感できます。

 

ITシステムの理解を広げるのに適していると思います

 

※(参考)配属先でいきなりテスト工程は危険
終わりが見えなく、毎日が嫌になるかも。IT業界の闇をみることも・・・。「配属ガチャ」ともいわれたりするので、注意しましょう。

it-inexperienced
IT未経験者の求人に顧客常駐が多い理由【明るい未来への進み方】IT業界に転職する方は多く、未経験での中途採用は顧客常駐の仕事が採用されやすいです。なぜでしょう?そんな疑問の解説と求人会社を見分けるポイント、顧客常駐先での過ごし方、明るい未来への進み方を説明しています。IT業界に未経験で転職を考えている方は参考にしてください。...

 

※(さらに参考)プログラミングは小学生から必修授業

すでにプログラミング経験した人が入ってくる時代です。
「プログラミングは未経験です」、では雇ってもらえない時代がくるでしょうね。

 

②挫折するならITエンジニアは無理

 

一度はプログラミングの勉強をした方は多いと思います。
また、あきらめた人も多くいるでしょう。

ITで仕事を続けてられるかの判断

 

プログラミングは得手不得手があります。
ちょっときつい言い方ですが、できない人はトコトンできません。

 

命令文が頭の中でグールグル、悩み悩んで眠れない、円形脱毛症ができた・・。
精神に支障をきたすようなら向いてない証拠です。

こんな方はすぐやめましょう。

あなたにはあなたに合った職業が必ずあります。
ITの得意な人に任せて使う側に回りましょう。

 

うまく説明できませんが、
例えば、

・X=1

これをどう理解するかです。
Xの答えが1だと考える方は普通で、「Xという箱の中に1が入っている」という理解ができる方が有望です。

 

次に、

・X=1
・Xの場所を示すPがあります
・つまり、P=1です

どうでしょう。

 

「挑戦できるマインドをもっていること」は、それだけでスキルです。
しかし、ダメだったときにすぐに頭を切り替えて、次のことに挑戦する。
これも超重要なスキルです。

 

「とりあえずはやってみよう」「挑戦してみよう!」と思った方は、プログラミングに挑戦する手順を次に書いていきます。

 

③近年、プログラミングスクールが充実

 

ホリエモンが「今ならプログラミングの勉強をする」と言ってます。

この発言は、
プログラミングが重要というよりも、環境がとても充実している
ということだと理解しています。

 

・少し前までは、自分で高価なパソコンを買い、プログラミング環境をセットアップし、参考書も少なく難解な本を読み解く必要もありました。
・プログラミング環境を用意するまでに時間がかかりました。

 

現在はプログラミングスクールがあり、使わないでどうするの?

と言いたいわけです。

※プログラミングスクール関連を書いておきます。

お金がかかるので、無料カウンセリングで相談するのも良いでしょう。参考に見るだけでもIT業界へ進む第一歩です。

・オンラインスクール
Udemy
Internet Academy
Tech Academy

・プログラミングスクール
テックキャンプ
ビズデジ
Samurai

 

その次のキャリアアップへ

program-locked-out

 

プログラミングは何10年もやるものではないです(日本では)

 

プログラムを組むことが好きで、素晴らしいロジックを組んで恍惚状態に陥るのも良いですが収入は頭打ちです。日本では。

 

次のキャリアアップを考えておくべきです。

最初に書いた通り、
プログラミングは稼働するまでの工程の一部で、システムが稼働するまでの全体を広げていくことが次のステップです。

 

誰がどんな役割をこなした結果、システムが稼働する

そういった観点を意識すると、次に自分が目指す役割が見えてきます。

 

また、従事する”業務”を覚えましょう。

「顧客の業務を知り、顧客よりも顧客の業務を知っている」
これはとても強みになります。収入アップも期待でき、フリーランスも視野にできるでょう。

 

プログラミングがしたくてIT業界に入ったなんて言っては、自分の可能性を狭くするだけです。いつまでもプログラミングにこだわってはいけません。

 

さらにその先にあるもの

 

マネージメントする立場

マネージメントは、プロジェクトを遂行すること、利益を出すこと。
これはもう会社を背負って立つ、そんな役割です。

つまりは管理職とも言えますね。

 

え?管理職になりたくない?
技術で生きていく?

それもいいでしょうね。

ですが、技術で生きていくにも自分ひとりではできず、
複数の人間を管理する立場でなければ、ただのプログラマ(現状維持)です。

現状維持は後退です。
次を見据えて今の行動を考えましょう。

 

①マネージメントを理解する
②管理手法を理解する
③最も必要なのはコミュニケーションスキル

 

まとめ

whats-wrap

 

・小学校でプログラミングが必修授業
・政府がITを強化する時代

です。

今の小学生はあなたの部下となるでしょう。

その時にプログラミングを知らないわけにはいかないし、
それ以上に”プロジェクト”を知っていないといけないでしょう。

 

さらに、目指すキャリアは”マネージメント”です。
先の先を目指して、まずは第一歩(プログラミングスキル)からです。

 

マネージメントは重要なITスキル

essential-it-skills1

後進はすぐ後ろに迫っています。
追い抜かれないように、自己学習し、生の現場を体験してさならる先を目指しましょう!

 

※今回のリンク
・オンラインスクール
Udemy
Internet Academy
Tech Academy
・プログラミングスクール
テックキャンプ
ビズデジ
Samurai

 

ABOUT ME
Kei NAGASE
大手IT企業に勤めるシステムエンジニアです。 SE歴は25年超。 副業から個人事業主として複業中。=ITコンサル、ライター、動画編集=第2版の人生(Second Edition)へと向かう人のために。 Yokohama
「まず、やってみる」

やってみようと思った時がスタートです

やることはたくさんあります!

 モチベーションアップ! 

あなたの年代別に合わせてモチベーションを上げよう

 ここからはじめる! 

ストレスフリーのITエンジニアに向けた手順の全体MAPです

ストレスフリーのエンジニアに向けての準備と事業主へ《全体MAP》

まずは動く~走りながら考える

running-future

まずは動いてみること
悩んでいる時間がムダ、もし違っていれば「方向修正するだけ」です。

失敗しながら進む。
これは成功への道です。

人生100年時代。
本業も副業も楽しくやりましょう。

 

あなたの選択肢は”2つ”です

「やるか」

もう一つは

「今やるか」

です。

「行動を起こさないことこそ、最大の失敗」

さあ、行動です。