必須ITスキル

こんな理由なら会社を辞めてヨシ!会社を辞めるあなたの上司の頭の中

quit-your-job

 

IT業界でも、会社を辞める人は多いです。

他の業界はあまり知らないですが、
離職率の高い業界は、

1位:宿泊業、飲食サービス業
2位:生活関連サービス業、娯楽業
3位:その他サービス業

だそうです。
このあたりはググってくださいね。

 

私は、IT業界で25年以上仕事をしていますが、
その間、相当数の人が辞め、辞めさせられ・・、ました。

ここ数年は、
20代~30代の前半の方の転職が多いと感じます。

 

最近は、

・「転職は悪」ではなく、
・「一生同じ会社に勤める」、
・「会社が一生面倒を見てくれる」の概念はなくなりました。

日本も諸外国と同じく、転職でステップアップが当たり前の時代でしょう。

 

かといって、
無計画に、コロコロと転職を繰り返しても意味がなく。
IT業界で生きていくためには、
転職を前提にして、今の現場で何をすべきか、を考えることだと思います。

 

◆今回の内容

①辞める人のほとんどの理由
②辞めると言った時の上司のぶっちゃけ頭の中
③「こんな理由」なら”辞める”決断もOK

 

です。

 

こんな理由なら会社を辞めてヨシ、会社を辞めるあなたの上司の頭の中

退職者対応マニュアルがあるとすれば

 

「辞めると言う社員への対応」マニュアルがあるとすれば、

・まず、理由をきく
・意思が固いか確認する
・次(転職先)が決まっているか確認する

そして「一旦、止める」、でしょうか。

※そんなマニュアルがあるかは知りません。
※少なくとも今勤めている会社にはありません。

 

・家庭環境などで、仕方ない理由であればやむなし。無謀で無計画であれば止めたくもなります。例えば、「電車の運転士」がIT業界に入るので会社を辞める、とか。

リスクが先行して考えてしまうような転職は止めたくもなります。

 

次に、

①辞める人のほとんどの理由
②辞めると言った時の上司のぶっちゃけ頭の中
③「こんな理由」なら”辞める”決断もOK

の順に説明します。

 

①辞めるほとんどの理由

 

以下の3つが主かな、と。

  • (1)給料が少ない。
  • (2)人間関係に疲れた。
  • (3)未来に不安を覚えた。

が上位にあげられるのでは。

(1)(2)は他の業界でもあると思いますが、
(3)の「未来に不安を覚えた」に関してです。

IT業界は技術革新が早く、最新技術を使った開発等に関われないと、時代から置き去りになるのではと不安になります。

 

「顧客先常駐」では顧客のシステムが古い技術であったり、顧客に特化した技術だけを習得することになったりと。次の職場でやっていけるかが不安になりますよね。

 

②辞めると言った時の上司のぶっちゃけ頭の中

boss-head-crazy

上司の頭の中:あいた穴が気にかかる

 

あなたがやってた仕事を「誰か」がやらなければなりません。

 

・空いた穴を埋めなければならない
・誰か代わりを探さないといけない

 

ですが、コスト削減・人員削減の中、会社はこの機を逃すかと要員補充を渋ります。

他のメンバーに作業負荷がかかると不満がでたり、残業が増えたりとそんなことも頭の中にぐるぐる回ります。
自分が考えて対応する仕事が増えてしまいます。

 

上司の頭の中:自分の評価が気になる

 

実は、

・部下が辞めるとマネージメントスキルの評価が下がります。
・下手すると、自分の昇進や昇給に影響があります。

なんとか慰留させようとする上司もいないこともないです。

 

「給料を上げようと思っていた」とか、「昇進させようと思っていた」とか、後付けでしかない話をする上司もいますが、それならもっと前に話があったはず。捨て台詞的に「お前は外にでても使い物にならない」は、人間的にダメですよね。

 

次に出会う上司は、そんな人でないことを願っています。

 

③「こんな理由」なら”辞める”決断もOK

boost-your-decision

理由として、

・この仕事では、思っていたスキルアップが十分にできた
・この職場では、これ以上のスキルアップは見込めない
・この会社では、これ以上やりたいことがない

なら次のステップ(転職)に向かってもいいと思います。

つまり、
今の仕事が終わったときにこんな判断ができるか、を振り返ってみることも必要かと思います。

 

ITエンジニアが多い転職先

 

参考にですが、
20代~30代の転職先企業は、IT関連のコンサルティングが多いです。

 

これは、

・5年~10年間くらいIT現場でやっていれば、仕事の軌道にのれる
・経験や実績を評価され、配属要望も聞き入れてくれる可能性がある
・給料もよい

だからと思います。

ですが、ITコンサルティングもハードで体力が必要ですね。
40代以降になると体力的に厳しいかもしれません。
体調を崩した方もいました・・・。

 

まとめ|辞めたことが”正しい”ことにするには

whats-wrap

転職が正しかったかは自分次第

 

会社を辞めた時点では「その転職」が正しいかわからない

、ですよね。

 

他人はいろんなことを言いますし、
正しいかどうかなんて転職を決めた地点ではわかりません。

 

転職した職場である程度は仕事してみて、正しかったか判断ができるようになると思います。

正しかったことにするには

その後の「自分の行動次第」だと思います。
考えに考え「これが正しい」と思って転職するのですから、正しかったと証明する行動をしたいですね。

 

必死に考えた「決断」は後押ししたい

 

本音です

必死に考え自分なりの決断をしたので、すっきり辞めさせてあげたい。
後おししてあげたい気持ち、です。

 

辞める理由が、「今の仕事がしんどい」「人間関係に疲れた」という理由ならせめて何かしらの成果をもって辞めさせてあげたいですよね。

※別記事の「モチベーションを上げるには」をどうぞ。
※上司、管理職、マネージャーもいろいろと考えています。

 

転職が成功するとは限りません、が

違う道で頑張っていくと決めたので「成功」を勝ち取って欲しいし、
後悔はして欲しくないですよね。

 

それでも、踏ん切りがつかないときは

 

・辞めれない事情がある
・気持ちも中途半端である
・反対派が多く説得できない

でも、今の職場はイヤだ。

そんなときの対処はまだあります。
以下を参照してください。

 

ちなみに

 

「また一緒に仕事できるのを楽しみにしている」

と言ってはみるものの・・・、
自分は転職の決断ができなかったし、転職が成功したあなたが悔しくて見たくないです。

・・・心が狭いなぁ。

 

ABOUT ME
Kei NAGASE
大手IT企業に勤めるシステムエンジニアです。 SE歴は25年超。 副業から個人事業主として複業中。=ITコンサル、ライター、動画編集=第2版の人生(Second Edition)へと向かう人のために。 Yokohama
「まず、やってみる」

やってみようと思った時がスタートです

やることはたくさんあります!

 モチベーションアップ! 

あなたの年代別に合わせてモチベーションを上げよう

 ここからはじめる! 

ストレスフリーのITエンジニアに向けた手順の全体MAPです

ストレスフリーのエンジニアに向けての準備と事業主へ《全体MAP》

まずは動く~走りながら考える

running-future

まずは動いてみること
悩んでいる時間がムダ、もし違っていれば「方向修正するだけ」です。

失敗しながら進む。
これは成功への道です。

人生100年時代。
本業も副業も楽しくやりましょう。

 

あなたの選択肢は”2つ”です

「やるか」

もう一つは

「今やるか」

です。

「行動を起こさないことこそ、最大の失敗」

さあ、行動です。